“まちづくりディレクター”とは

元気な地方をつくるサポーター

地域が元気になるためには、その地域に暮らす人々の元気が必要です。
地域科学研究所は、「豊かで活力ある地域社会づくり」に貢献することを経営理念として事業を行っています。
そのため、全社一丸となって様々な分野での仕事を通して、
より良い地域社会の実現を目指す地方公共団体を力強く支援しています。

Future Planning

地域科学研究所×システム×データ解析=地方の未来設計

全社員が国内外の様々な研修に参加し、新しい技術や考え方を日々の業務に活かしています。
多様な知識を持つ社員が地域社会の未来を設計・創造しています。

Branded Force

地域のブランド力経営

地域科学研究所×ブランディング=暮らし続けたいまちづくり

地方自治体まちづくりサポート業務やシステム構築など、
これまで3,000を超えるプロジェクトに携わり、さまざまな分野で地域の皆様に貢献してきました。
地域科学研究所は、サポート力と技術力、
そして企画力を通して、住民のみなさんが暮らし続けたいまちづくりを応援しています。

新着情報
2019年8月23日
今日は、インターンシップのみなさんより、公共施設の経営戦略発表会です。
楽しみです。

2019年8月15日
夏休み ゆっくりできました。
10連休
充実した休暇でした。
いろいろな人と会い、あらためて
私たちの仕事の大切さ、ミッションを感じることが出来ました。
暮らし続けたいまちづくり
子どもの笑顔
安心安全なまちづくり
これからもお客様、社会のお役に立つ仕事をしていきます。

2019年8月1日
今日から8月ですね。私は来週から夏休みです。
楽しみです。